『Overdrive City』マシン製造、コレクション、レーシングあり!世界有数のモータースポーツ企業へと発展させよう

Overdrive City

『Overdrive City』(オーバードライブシティ)のリセマラの必要性や序盤攻略、ゲームレビュー評価をまとめて掲載。
本記事はオーバードライブシティのゲームシステムやマシン、アプリの魅力などを紹介しているので、どんなゲームか知りたい方やゲーム攻略の参考にしてほしい。

オーバードライブシティ|Overdrive Cityのリセマラについて

オーバードライブシティのガチャはある?リセマラは必要?

オーバードライブシティではリセマラ不要。
本作は街づくり系のゲームなので、リセマラせずにどんどんゲームを進めよう。

アンインストールでデータ削除は可能だが、一般的なガチャシステムは存在しない。
マシンなどはクエストやイベントをクリアすると獲得可能なので、自分だけのオーバードライブシティを完成させよう。

オーバードライブシティ|Overdrive Cityのゲームシステム・魅力

スマホアプリ『Overdrive City』ってどんなゲーム?

『Overdrive City』(オーバードライブシティ)

『Overdrive City』(オーバードライブシティ)は夢のカーシティを作る、スマホ向け街づくり系シミュレーションゲームアプリ。
様々なマシンを製造し、有名マシンをコレクションしたら、レーシングキャリアモードに挑戦しよう。

お気に入りのマシンを製造し、集めるのはもちろん、自分で築いた街を世界有数のモータースポーツ企業へと発展させるのが本作の醍醐味。
さらに、トップレーサーを目指すというアクション要素も備わっているので、車好きにおすすめのゲームだ。

オーバードライブシティでお気に入りのマシンを製造しよう

オーバードライブシティではPorsche、Ford、BMWなど一流ブランドの名車を製造可能。
スポーツカーをはじめとし、クラシックカーやスーパーカーを揃えたガレージを完成させよう。

本作はボルトやカーボンファイバーからエンジンブロック、駆動部品まで様々な自動車部品を製造できる。
マシンのカスタマイズも自由自在となっており、エディターでデザインを決めたら、無数の選択肢から好きなペイントを選ぶのも面白い。

マシンをアップグレードするとトップスピードが上がり、ストリートやコースでのパフォーマンスを向上させることも可能。
アイテムの輸出や修理工場の運営を通じて、モータースポーツビジネスを拡大していこう。

最強のオーバードライブシティを築こう

オーバードライブシティでは曲がりくねった道路など、多彩な自動車関連アイテムを建設できる。
街づくり系のシミュレーションゲームなので、まずは街を自分好みにカスタマイズしよう。

他にも、ショールームを設置して、マシンに対する情熱を思い通りに表現可能だ。
多数の自動車工場、製造施設、研究センターを建設して街づくりシミュレーションを楽しもう。

オーバードライブシティのレーサーシステム

オーバードライブシティではリアルで楽しいレースに参戦できる。
本作はレースでトップレーサーの栄誉を手に入れるというアクション要素も完備。

6つのチャプターからなる、レーシングキャリアモードで60以上のレースに挑戦しよう。
さらにレーストライアルでは1,000種類以上のレースが君を待っている。

オーバードライブシティのマルチプレイ要素

オーバードライブシティはフレンドと一緒にプレイすれば楽しさ倍増。
マシンや部品をフレンドと取り引きなども行えるので、友達を誘って工場の生産効率を上げよう。

もちろん、フレンドの街を訪問して、街づくりの進捗やトップマシンをチェック可能。
レースイベントに参加してランキング上位に入賞し、街づくりやマシンに利用できる特別な報酬を手に入れよう。

オーバードライブシティ|Overdrive Cityの攻略

オーバードライブシティで設計図を手に入れよう

『Overdrive City』(オーバードライブシティ)

オーバードライブシティでマシンを作るには、設計図が必要だ。
設計図はレースに勝つ必要があるので、どんどんレースに挑戦(鍵が必要)しよう。

レースはタップ&ホールドで加速し、リリース(指を離す)でブレーキとなる。
レース中は道に色付きの矢印が書いてあるので、色で判断してレースをこなそう。

ちなみに、オートモードや3倍速モードも搭載されているので、アクションゲームが苦手な方やながらプレイをしたい人におすすめ。

オーバードライブシティの遊び方・基本的な流れ

『Overdrive City』(オーバードライブシティ)

オーバードライブシティの基本的なゲーム攻略の流れとしては、産業施設でアイテムを生産し、アイテムで車の整備で鍵が手に入れよう。
鍵があればレースに参加できるので、新しいマシンを目指してレースで勝利を目指そう。

街づくりでは製造、組み立て、施設などを行うことができる。
製造では部品を作り、いろんなメーカーの組み立て工場を作り、ボディやバッテリーの工場を作っていくという流れとなる。

本作は施設を建てるのはもちろん、土地を拡張したり、道路を作ることも可能。
自分だけの街づくりを楽しめるので、自由にカスタマイズしていこう。

オーバードライブシティ|Overdrive Cityの課金要素について

オーバードライブシティの課金アイテムは?

オーバードライブシティの課金通貨は、キャッシュクレジットとなっている。

キャッシュの最小課金額は250円でキャッシュ×50、最大課金額は12000円でキャッシュ×4000。
クレジットの最小課金額は120円でクレジット×180、最大課金額は10000円でクレジット×23820。

オーバードライブシティは無課金でも面白い?

オーバードライブシティは無課金でも面白いゲームと言える。
課金しなくても本作のコンテンツは十分楽しめるので、純粋に街づくりを楽しむことができるだろう。

もちろん、どんどんゲームを進めたい人はキャッシュやクレジットを購入するのもあり。
街づくり系のゲームは時間経過で攻略具合が変わるが、無課金でもまったりとプレイを楽しめる。

オーバードライブシティ|Overdrive Cityの評価・レビューまとめ

ゲームシステム
(4.0)
キャラクター
(4.0)
やり込み度・ハマり度
(4.5)

GOOD POINT

  • 色々な種類の車が登場し、車好きにはたまらない作品
  • 本格的なシミュレーションゲームなので、街づくり系のゲームが好きな人におすすめ

BAD POINT

  • 街を作っていくためには時間がかかるので、サクサクゲームを進めていくことはできない

オーバードライブシティ|Overdrive Cityの基本データ

アプリタイトル Overdrive City
ジャンル シミュレーション
配信日 2020年2月13日
価格 基本プレイ無料(アイテム課金)
開発・運営会社 Gameloft
公式サイト 「Overdrive City」公式HP
レビュー日 2020年2月13日

(C) 2020 Gameloft