[PR]新作スマホゲーム

【ゼンレスゾーンゼロ】リセマラ当たりランキング

ゼンレスゾーンゼロ

2024年7月4日にリリースされた新作スマホアプリゲーム『ゼンレスゾーンゼロ』(ゼンゼロ)の情報をまとめていきます。
ゲームの雰囲気や序盤攻略、リセマラの必要性、最強キャラについて知りたい方は参考にしてください。

ゼンレスゾーンゼロってどんなゲーム?プレイレビュー・感想

ゲームシステム・遊び方

ゼンレスゾーンゼロ

『ゼンレスゾーンゼロ』はHoYoverse最新作の都市ファンタジーアクションゲームです。
ゼンゼロは『原神』や『崩壊3rd』を手がけるHoYoverseより、配信予定の新作タイトルです。

ゼンレスゾーンゼロ

本作では魅力的な物語、スタイリッシュなアートスタイル、様々な特徴を持つ操作キャラクター、爽快なバトルシステムを楽しめます。
その他にも、ローグライクシステム導入により、豊富な探索要素がプレイヤーを待っています。

リセマラは必要?ガチャシステムを紹介

リセマラは可能?やるべき?

ゼンレスゾーンゼロ

『ゼンレスゾーンゼロ』ではリセマラが可能です。
ゼンゼロはガチャシステムが存在するので、好きなキャラを当ててからゲームを始めましょう。

とはいえ、本作はリセマラ所要時間が非常に長いので注意が必要です。
また、アカウントも複数用意する必要があるので、リセマラ難易度は高いと言えるでしょう。

ガチャの種類と排出確率

レアリティ 提供割合
S級 -%
A級 -%
B級 -%
※ガチャの種類や期間によって排出確率が異なる可能性があります。

事前登録やログインでもらえる報酬

『ゼンレスゾーンゼロ』では、事前登録者数に応じて正式リリース後に下記アイテムがもらえます。

  • 1500万人事前登録報酬:ディニー×30,000
  • 2000万人事前登録報酬:未加工マスターテープ×3
  • 2500万人事前登録報酬:ボンプチケット(ンナチケット)×5
  • 3000万人事前登録報酬:未加工マスターテープ×5
  • 3500万人事前登録報酬:エージェント・カリン×1
  • 4000万人事前登録報酬:未加工マスターテープ×12

リセマラ終了ライン・ガチャ当たりキャラとおすすめ理由

ゼンレスゾーンゼロ

『ゼンレスゾーンゼロ』のリセマラ終了ラインは、最高レアリティであるS級キャラです。
7月4日(リリース日)現在、ゼンゼロのガチャシステムでは20連以上ガチャを引くことが可能です。

上記のガチャ排出確率を見るとS級確率は低めですが、90回ガチャでS級確定となっています。
※1回限り50回。
よって、リセマラでS級を当てることができれば、序盤から攻略が楽になるでしょう。

リセマラ当たりランキング!

※最終更新日:2024年7月4日。ランキングは変動する場合があります。

大当たり

  • エレン
  • フォン

当たり

  • 猫宮又奈
  • アレク
  • グレース
  • 11号

効率的なリセマラ方法・やり方

チュートリアルをクリア

ゼンレスゾーンゼロ

アプリをダウンロード後、ゲームをスタートするとログイン+サーバー選択があります。
『ゼンレスゾーンゼロ』ではムービーやストーリーはスキップ可能となっているので、リセマラする場合はスキップ機能推奨です。

ゼンレスゾーンゼロ

ある程度バトルチュートリアルを進めると、ガチャが解放されます。
自由に引けるようになったら、下記の手順で効率的にリセマラを進めましょう。

メールから報酬を受け取る

チュートリアル完了後は、ホーム画面の「メール」より報酬を受け取ることが可能です。
事前登録報酬のガチャチケットなどを受け取り、下記のガチャ画面へと進みましょう。

ガチャを引く

ゼンレスゾーンゼロ

『ゼンレスゾーンゼロ』のガチャはピックアップガチャや武器ガチャ、常設ガチャなどが用意されています。
単発ガチャは160ポリクローム、10連ガチャは1600ポリクロームが必要です。

なお、90回ガチャでS級以上1体確定となっているので、引いた回数は覚えておきましょう。
前述した通り、1回限り50回でS級です。

当たりが出るまで繰り返す

『ゼンレスゾーンゼロ』のリセマラは、一般的なリセマラ方法(アンインストール&インストール)でデータ削除できません。
ゼンゼロはアカウントを切り替える必要があるので、メールアドレスなどを複数用意しましょう。

ゼンレスゾーンゼロ|ゲーム基本データ

アプリタイトル ゼンレスゾーンゼロ
ジャンル 都市ファンタジーアクションゲーム
対応端末 iOS/Android
リリース/配信日 2024年7月4日
価格 基本プレイ無料(アプリ内課金あり)
公式サイト 「ゼンレスゾーンゼロ」公式X
(C) miHoYo

※掲載している画像の著作権、商標権その他の知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。 また、記事の情報が古い場合がありますのでお手数ですが公式サイトの情報をご確認下さい。
リセマラ