『Lost Archive -ロストアーカイブ-』カード×ボードの戦略系”対戦型”オンラインカードゲーム

ロストアーカイブ

本記事は『Lost Archive -ロストアーカイブ-』(略称:ロスアカ)の攻略やレビュー評価、用語集をまとめて掲載。
ロストアーカイブのゲームシステムやカード、アプリの魅力を紹介しているので、プレイするのを迷っている方やどんなゲームか知りたい方は参考にしてほしい。

なお、カードの性能や評価について詳しく知りたい方は「リセマラ当たりランキング」も合わせて活用してほしい。

ロストアーカイブ|ロスアカのゲームシステム・魅力

スマホアプリ「ロストアーカイブ」ってどんなゲーム?

ロストアーカイブ(ロスアカ)

ロストアーカイブは幻想的なファンタジー世界を舞台に、多種多様なカードをボード上に配置して対戦するスマートフォン向けオンラインカードゲームアプリ。
開発は『ゆるドラシル』や『魔界ウォーズ』などの人気アプリを配信しているClover Lab.(クローバーラボ)。
それによって、上記ゲームの人気キャラクターがロスアカにも参戦する予定だ。

ちなみに、『キングダムハーツ』や『マリオ&ルイージ』のゲーム音楽を手掛けた”下村陽子氏”がメインテーマを担当。
他にも、多数の有名クリエイターや声優を採用している。

幻想的な世界観とカード

ロストアーカイブ(ロスアカ)

特色を持った3つの大国によって成り立つ、剣と魔法、近代文明が混じり合う世界でロスアカの物語が始まる。
大国は急速に近代化が進む文明の国「アードベッグ」、自然と融和し大地と共に生きる国「カリラ」、浮遊大陸に座する魔術の国「ポートエレン」の3つ。

世界観はバトルシステムにも引き継がれており、対戦で使用するカードはいずれかの国に属し、デッキの設定や組み合わせがカギとなる。

シンプルで奥深いリアルタイムバトル!

ロストアーカイブ(ロスアカ)

ゲームシステムは好きなカードを組み合わせてデッキを作り、マナを消費してカードを使用・対戦するという王道のカードゲームシステムだ。

通常のカードゲームとの大きな違いは”ボードゲーム”の要素も加わっている点だ。
ボードゲームなので配置によって戦略の幅が広がり、非常に戦略性の高いゲームとなっている。

前述した通りカードやデッキには、「アードベッグ」「カリラ」「ポートエレン」の3大国が存在する。
繰り返しになるが、デッキ編成において重要なのポイントなので頭に入れておこう。

デッキレシピが充実

ロストアーカイブ(ロスアカ)

ロストアーカイブはデッキレシピ機能が充実しているので、カードゲーム初心者の方も他の人のデッキを参考にゲームを始められる。
デッキレシピには“お気に入り”や”いいね”機能などもあるので、自分のデッキレシピを公開して一躍有名人に…なんてことも可能だ。

デッキレシピは未所持のカードの場合、作成可能であればデッキを作成時にカード作成などもできるので、かなりお手軽に他の人のデッキを参考にできる。
なお、自分が入れたいカードで検索してデッキを探したりもできるので、強いカードをガチャなどで当てた時などに是非活用してもらいたい。

ちなみに、他の人と全く同じデッキは登録できないので注意しよう。

ロストアーカイブ|ロスアカの攻略

カードの種類・特徴

ロストアーカイブ(ロスアカ)

ロストアーカイブのカードの種類はミニオン・スペル・レリックの3種類となっている。

ミニオンはいわゆるユニット(モンスター)カードのようなもので、ミニオンがいないと戦うことができない。
スペルは魔法カードのようなもので、スペルを使いこなせれば一発逆転も可能だろう。

レリックカードは場に召喚されるが、戦闘には参加しないカードだ。
場に残ることであらゆる効果を発揮するので、強力なカードとなっている。

おすすめのデッキ構成

ロストアーカイブ(ロスアカ)

ロストアーカイブはカードゲームなので、当然デッキ構成が勝敗を分ける重要な要素となっている。
前述の通り、各カードごとに大国が分かれており、後述するが使用する大国のカードを統一した方がより強力なデッキになる。

なお、どの大国に属するカードも自由に編成できるが、特に初心者は1勢力の方が分かりやすいのでおすすめ。
ちなみに、レアリティが高いカードの方が性能が優秀なのは言うまでもないだろう。

勢力・カード特徴

  • アードベッグ:攻撃的なカードが多い勢力
  • ポートエレン:スペルが多い勢力
  • カリラ:巨大なミニオンが多い勢力

デッキの勢力について

デッキを新規で作成しようとすると、編成する勢力を選択する画面になる。
勢力は最大で3勢力まで選択することができるが、多勢力だとデメリットが存在するので注意しよう。

  • 1勢力:最初のドロー+1枚
  • 2勢力:マナコスト+1
  • 3勢力:マナコスト+2

上記のように単勢力だとドローがプラスされるのでメリットがあるが、2勢力以上だとマナコストが増えてしまい戦いづらくなってしまう。
かなりやり込んでカードの特性などを生かす場合は別だが、基本的には単勢力でデッキを作るところから始めよう!

初心者が覚えておきたい用語集

ロストアーカイブ(ロスアカ)

用語集|バトル編

マナを消費することで使用できるカード群
上限は10枚となっており、それ以上増えた場合は墓地へ送られる
12マスあるミニオンやレリックを配置できる場所
使用したカードが送られる領域
カードを使用する際に消費する
使用したマナはターン開始時にすべて回復する
ゲームの開始と同時に両者へ3枚のカードが配られ、一度だけ任意の枚数の不要なカードをデッキに戻して引き直すことができるシステム
全マリガンは3枚すべてを引き直すという意味
手札から召喚したときに、自分のミニオンかプレイヤーで相手のミニオンを挟むとダメージを与えることができる
スキルによって召喚されたミニオンは効果発動しない
手札から召喚したときに、自分のミニオンかプレイヤーで3体以上並べると最後に並べたミニオンを強化
結信は最大3回まで同時に発動し、効果も3倍になる

用語集|デッキ編

ユニットカード
場のマスに残り続け、攻撃力と体力を持ち、バトル時のメインカードの役割を持つ
魔法カード
場に出すと効果を発揮し、すぐに墓地へ送られる使い切りのカード
場に残ることであらゆる効果を発揮
ミニオンカードのように場に残り続けるが、攻撃力と体力を持たず戦闘には参加しない
すべてのカードに設定されたクラス
デッキは勢力を3つまで持つことが可能
マナを上げるデッキ
カード効果によってマナを上げ、相手よりもマナ面で優位に立ち、コストの重い強力カードを繰り出すのが特徴
速攻型のデッキ
低コストで多くのダメージを与えるのが特徴
盤面を優位に保ち続けるデッキ
相手を倒して召喚するユニットなど、フィールドで優位に立てるカードを組み込むのが特徴
相手プレイヤーを直接攻撃すること
One Turn Kill(ワンターンキル)の略
特定の1ターンで致死ダメージを与えること

ロストアーカイブ|ロスアカの評価・レビューまとめ

バトルシステム
(4.0)
キャラクター
(4.5)
やり込み度・ハマり度
(4.0)

GOOD POINT

  • デッキレシピ機能が付いているので、初心者に優しいカードゲーム
  • キャラクターが世界観と合ってるので、よりゲームに没頭できる

BAD POINT

  • 王道のカードゲームなので、カードゲームが嫌いな人には向かない

ロストアーカイブ|基本データ

アプリタイトル ロストアーカイブ
ジャンル オンラインカードゲーム
配信日 2019年10月3日
価格 基本プレイ無料
開発・運営会社 Clover Lab.,inc.
事前登録 あり
公式サイト 「ロストアーカイブ」公式HP
レビュー 2019年10月3日

(C) 2019 Clover Lab.,inc.

テキストのコピーはできません。