『クロスファイア:ウォーゾーン』ハイクオリティ戦争シミュレーションゲームになって戻ってきたあの伝説のFPS

クロスファイア:ウォーゾーン

『クロスファイア:ウォーゾーン』(Crossfire: Warzone)のリセマラの必要性や序盤攻略、ゲームレビュー評価をまとめて掲載。
本記事はクロスファイアウォーゾーンのゲームシステムやキャラ、アプリの魅力などを紹介しているので、どんなゲームか知りたい方やゲーム攻略の参考にしてほしい。

クロスファイア:ウォーゾーン|ゲームシステム・魅力

スマホアプリ『クロスファイア:ウォーゾーン』ってどんなゲーム?

クロスファイア:ウォーゾーン

『クロスファイア:ウォーゾーン』は、リアルタイム戦闘でテロリスト勢力を制圧する、スマホ向け戦争シミュレーションゲームアプリ。
巨大テロリスト組織に立ち向かい都市を危機から救い出し、都市の脅威である巨大生物兵器を制圧しよう。

より戦略的で最新化した技術で戦争を勝利へと導く必要があり、最新型の戦闘ユニットを利用して戦略的に活用したり、将校で様々な戦略・戦術で部隊を指揮することが可能。
この手のゲームが好きな人は、無料でプレイできるので一度体感してみよう。

基地を発展・軍隊を育成しよう

クロスファイア:ウォーゾーン

クロスファイアウォーゾーンの序盤は資源を集めて基地発展の土台をつくり、勢力を拡大する必要がある。
戦闘部隊を育成し、戦術を研究して勝利へと導こう。

他にも、戦略シミュレーションゲームにコレクションRPGの楽しさもプラス。
25種類の様々な特性をもつ英雄をコレクション、30種類の最新戦闘ユニットをコレクション、様々な装備を製作・アップグレードしよう。

同盟システムでは同盟員が団結して都市を建設、研究を支援するなど様々な同盟コンテンツを提供している。
同盟vs同盟で繰り広げられる都市占領戦に参加し、勝利ボーナスを手に入れよう。

クロスファイア:ウォーゾーン|攻略

クロスファイアウォーゾーンの基本・序盤攻略

クロスファイア:ウォーゾーン

クロスファイアウォーゾーンの序盤攻略は、左下にチャプターが出てくるので、基本的にはそちらのクエストを進めていこう。
本作は司令部がメインの建物となっており、基地を出ると他のプレイヤーやモンスターがいる一般的なSLGと同様のゲームシステム。

部隊出撃の際、編成できる将校は最大で4人となっており、司令部のレベルが上がるとスロットがアンロックされていく。
なお、兵科には相性が存在し、歩兵>ヘリ>戦車>歩兵…の3すくみの関係性となっている。

クロスファイアウォーゾーンの同盟システム

クロスファイア:ウォーゾーン

前述した通り、クロスファイアウォーゾーンでは同盟システムが搭載されている。
同盟に加入することで、より多くの特典と報酬が得られるので、入っておくのがおすすめ。

メンバーと集結して攻撃はもちろん、同盟ショップや同盟特性などの恩恵も得られる。
なお、設立には1000ゴールド必要になり、加入する場合は無料となっている。

クロスファイア:ウォーゾーン|課金要素について

クロスファイアウォーゾーンの課金アイテムは?

クロスファイア:ウォーゾーン

クロスファイアウォーゾーンの課金通貨は、ジェムとなっている。
最小課金額は120円で35ジェム、最大課金額は12000円で3500ジェム。

他にも、お得パックなどの課金プランも用意されている。
微課金予定の方は上記の課金方法がおすすめ。

クロスファイアウォーゾーンは無課金でも面白い?

クロスファイアウォーゾーンは無課金でも十分面白いゲームアプリと言える。
本作はシミュレーション系のゲームとなっており、毎日コツコツ攻略していくアプリなので、まずは無課金でプレイしてみよう。

なお、課金要素もあるので、最強プレイヤーを目指す場合は課金必須となるので注意しよう。
よって、どのようなゲームプレイをしたいかによって、課金の有無が異なるアプリとも言えるだろう。

クロスファイア:ウォーゾーンのリセマラについて

クロスファイアウォーゾーンのガチャはある?リセマラは必要?

クロスファイア:ウォーゾーン

クロスファイアウォーゾーンではリセマラ不要。
本作はガチャシステム(ランダムボックスで将校の欠片)が搭載されているが、序盤からガチャを引くことができないので非推奨。

シミュレーション系のゲームなので、コツコツゲームを攻略していこう。
なお、将校(キャラ)にはレアリティが存在する。

クロスファイア:ウォーゾーン|評価・レビューまとめ

バトルシステム
(4.0)
キャラクター
(4.0)
やり込み度・ハマり度
(4.5)

GOOD POINT

  • MMO、SLG系のゲームが好きな人におすすめ
  • グラフィックも綺麗なので、やり込み系が好きな人は楽しめる

BAD POINT

  • 外人が多いので、コミュニケーションが取りづらい

クロスファイア:ウォーゾーン|アプリ基本データ

アプリタイトル クロスファイア:ウォーゾーン
ジャンル 戦争シミュレーションゲーム
配信日 2020年10月6日
価格 基本プレイ無料(アイテム課金)
開発・運営会社 JOYCITY
事前登録 あり
公式サイト 「クロスファイア:ウォーゾーン」公式HP
レビュー日 2020年10月6日

(C) Smilegate Entertainment / JOYCITY Corp.