『大航海時代Ⅵ』大人気シリーズ「大航海時代」最新作!海洋冒険シミュレーションRPG

大航海時代Ⅵ

大航海時代6の攻略やレビュー、評価についてまとめています。大航海時代Ⅵのゲームシステムやキャラ、アプリの魅力を紹介していきますので、どんなゲームか知りたい方やゲーム攻略の参考にしてください。

大航海時代6|ゲームシステム・魅力

スマホアプリ『大航海時代6』ってどんなゲーム?

大航海時代Ⅵ(ウミロク)

大航海時代Ⅵ(ウミロク)

「大航海時代」シリーズの最新作『大航海時代Ⅵ』は、航海シミュレーションゲームアプリ。
商館経営や航海士を雇用したり、育成したり、海の大冒険へ旅立とう!

本作はロールプレイングゲームとシミュレーションゲームを融合した「リコエイションゲーム」として1990年から続く人気シリーズだ。
コーエーテクモゲームスの代表作の1つとなっており、洗礼されたグラフィックと常に進化し続けるゲームシステムはファンを魅了し続けている。

故郷を見つけるため、大海原へ飛び出そう!

大航海時代Ⅵ(ウミロク)

主人公(プレイヤー)の冒険は、祖父が残した1通の手紙から始まる。
「海から地球儀とともにやってきたおまえは、本当の故郷を見つけるべきなのだろう」

ずっと欠けていたものに気付いた主人公は、いつかの家族に「ただいま」を言うために大海原へと故郷を探す旅に出る。

地球儀に従って故郷を目指せ!

大航海時代Ⅵ(ウミロク)

大航海時代Ⅵ(ウミロク)

『大航海時代Ⅵ』は大きくわけて「交易」「海戦」「探検」が楽しめるゲームとなっている。
エミリーを始めとした数多くの魅力的な航海士たちを仲間にし、この3つの要素を駆使してゲームを攻略していこう。

中でも、交易は他のゲームではあまり無い、本作最大の魅力とも言えるゲームモードだ。
基本操作を覚え、商人のようにしたたかに金儲けをしよう!

【交易】相場を見て大儲けしよう!

大航海時代Ⅵ(ウミロク)

大航海時代Ⅵ(ウミロク)

『大航海時代Ⅵ』の交易システムは、相場の読みが攻略の鍵となっている。
数多く登場する交易品を、どこで買ってどこで売るのか、相場の動きを読んで一流の商人を目指そう!

なお、自分で交易品を生産することも可能となっているので、自分だけの販売ルートを確立して一攫千金を狙える。
相場の動き、読みというと難しく感じるかもしれないが、まずは取引画面で「購入額」「売却額」「利益」を確認しよう。

直感的に「いくらお金が増えたのか」がわかりやすくなっているので、この手のゲーム初心者の人でも安心だ。
序盤は近場の港で品物の売買をして、実際に試してみるのがおすすめ。

【海戦】船と航海士で艦隊を編成しよう

大航海時代Ⅵ(ウミロク)

大航海時代Ⅵ(ウミロク)

『大航海時代Ⅵ』では自分のお気に入りの船と航海士で艦隊を編成し、大海原で白熱バトルも楽しめる。
リアルタイムに進行するバトルで艦隊を指揮して勝利を目指そう。

基本操作としては、「左スティック」もしくは「移動したい方向をタップ」することで船を動かし、敵が水色の範囲に入ると攻撃ができるぞ。
ちなみに、オート機能もついているので、難しいと感じる人は積極的に活用しよう。
なお、マルチプレイによる他プレイヤーとの対戦も実現しているので、是非友達と一緒にプレイしてもらいたい。

【探検】大航海のお楽しみ!お宝を見つけよう!

大航海時代Ⅵ(ウミロク)

大航海時代Ⅵ(ウミロク)

『大航海時代Ⅵ』の探検とは、交易品や宝箱が手に入るダンジョンのようなもの。
一定のターン数以内にボスを倒すという目標があるので、RPG系が得意な人はすぐに攻略できるだろう。

探索は「すごろく」のようなゲームシステムとなっており、右下の提案書を選択してカードに書かれた数字の分だけ前へと進むことが可能。
当然、各マスにはさまざまな“イベントマス”が用意されているので、それらを掻い潜ってゴールを目指そう!

大航海時代6|攻略

クエストを受注して進めていこう

大航海時代Ⅵ(ウミロク)

『大航海時代Ⅵ』では「吹き出しの出ているキャラ」に話しかけるとクエストを受注できる。
ちなみに、クエストボードに行けば“受注できるクエスト”が一覧になって表示されてるぞ!

なお、緑色の書がメインクエストで赤色の書がサブクエストとなっているので、序盤はとにかくメインクエストを優先して終わらせていこう。
★の数は依頼の難易度を表しているので、星の数を参考にゲームを攻略していこう。

魅力的な航海士たちの力を借りよう!

大航海時代Ⅵ(ウミロク)

大航海時代Ⅵ(ウミロク)

『大航海時代Ⅵ』のキャラにはレアリティが存在し、ガチャなどで入手することが可能。
レア度はレジェンド、エピック、レア、コモンに分かれており、さまざまなスキルを所有している。

「交易」「海戦」「探検」にわかれたステータスとスキルを持っているので、TPOに合わせてパーティー編成するのがおすすめ。
例えば、序盤は交易をする機会が多いので、交易スキルを使用できるキャラを編成したり…と言った感じだ。
編成画面では「交易」「海戦」「探検」で優先したいステータスを選んで編成してくれる「おまかせ編成」もあるので、初心者の方は活用しよう。

手に入れた宝箱を開けよう!

大航海時代Ⅵ(ウミロク)

『大航海時代Ⅵ』のドロップ品(宝箱)は”鍵”を消費して開けていくシステムだ。
なお、探検や報酬で受け取った宝箱は全て「宝物庫」に保管されるので覚えておこう。

各宝箱に表示されている数字の分だけ”鍵”を消費して開けられるようになっているので、手に入れたらすぐに開けてしまって良い。
鍵は最大30個まで保有でき、使用すると時間経過で回復するので惜しまず使おう。

大航海時代6|評価・レビューまとめ

バトルシステム
(4.0)
キャラクター
(4.0)
やり込み度・ハマり度
(4.5)

GOOD POINT

  • イラストが綺麗で、ゲームシステムも面白い
  • 安く仕入れて、高く売る交易システムがたまらない

BAD POINT

  • 出来ることが多すぎて、ガチでやり込むにはそれなりに時間がかかる

大航海時代6|基本データ

アプリタイトル 大航海時代Ⅵ
ジャンル 海洋冒険シミュレーションRPG
配信日 2019年9月17日
OBT開始
価格 基本プレイ無料(アイテム課金)
開発・運営会社 コーエーテクモゲームス
事前登録 あり
公式サイト 「大航海時代Ⅵ」公式HP
レビュー日 2019年9月17日

(C) コーエーテクモゲームス All rights reserved.

テキストのコピーはできません。